会社案内制作

伝えるべき相手に、伝わる
「会社案内」を

会社案内は、”自社を紹介する道具”という役目を終え、顧客開拓や自社のブランディング、協業先の開拓等を行っていくためになくてはならないツールへと進化を遂げました。
絶対に捕まえたい相手に対し、伝えたい想いを誤解なく且つ最速で伝えられる会社案内は、最強の武器になります。


豊富な会社案内の制作実績

長年にわたる経験と高い技術力で、お客様の想いをカタチに変えてきた豊富な制作実績を、ご紹介いたします。お客様との密接なコミュニケーションで、期待以上の成果を実現します。


会社案内制作の価格

仕上がりA4サイズで標準紙(コート紙135kg)の会社案内を1,000部印刷する場合、制作料金は次のとおりです。

仕上り/A4 標準紙(コート紙135kg) 1,000部
4ページ[二つ折り] 195,000円~
4ページ[ポケット付二つ折り] 230,000円~
6ページ[三つ折り] 280,000円~
8ページ[中綴じ] 480,000円~
12ページ[中綴じ] 600,000円~
16ページ[中綴じ] 750,000円~
20ページ[中綴じ] 920,000円~
24ページ[中綴じ] 1,000,000円~
100ページ~[無線綴じ] 2,000,000円~

(税別)

価格には次の工程が含まれます。
● ご相談・打合せ
● 企画・提案
● デザイン制作
● ストックフォト
● 印刷・加工
会社案内制作の価格について詳しくは、「料金について」をご参照ください。


当社が選ばれる理由

「会社案内の制作・作成と言えばファインプロス」と言われる理由は3つあります。

  • コミュニケーションをデザインするイメージ

    コミュニケーションを
    デザインする

    当社の会社案内制作で、まず行うことはコミュニケーションを正しくデザインすることです。
    「人と人との間のコミュニケーションをデザインすること」をコミュニケーションデザイン(Communication Design)」と言います。
    会社案内に掲載する情報や表現方法を決定する前に、顧客の属性・ライフスタイルや価値観などを掘り下げ、ターゲット像を定義します。コミュニケーションデザインをしっかりと行っているからこそ、発注されたお客様だけではなく、エンドユーザ様からも高評価を得ています。

  • お客様とゴールを共有したご提案

    お客様とゴールを
    共有したご提案

    お客様から制作物のゴールについてご要望をいただくこともありますが、当社は、ご要望通りに制作することが、“最善”であるとは限らないと考えています。
    お客様のイメージを大切にしつつも、コミュニケーションデザインを経て、本当に効果の高い会社案内をご提案しています。

    制作チームが一丸となって、“ご期待を遥かに超えるご提案”を目指しています。

  • 「カッコいい」だけのデザインにしない

    「カッコいい」だけの
    デザインにしない

    よくいただくのが「とにかくカッコいいデザインにしたい」というご要望です。当社は、見栄えも重視しつつも、“伝えたいことを伝えたい相手に的確に届ける”ことを実現するデザインを心がけています。例えば、カラー配色ひとつで、信頼感・重厚感・思いやりなど企業に対する印象を操作することができます。このため、会社案内の配色を目にしただけで、その企業が頭に浮かぶデザインに仕上げています。


会社案内制作・作成の流れ

当社のサービス提供フローは、「お問合せから納品まで」で紹介している通りです。
このフローのうち、会社案内では、次のような流れでお問合せから納品までを対応しています。

  • 01

    お客様からのお問合せ

    ディレクター/プロデューサーが、お客様からの問合せに対応します。この時点で、簡単なヒアリング調査を実施し、お客様への詳細ヒアリングとご提案に備えます。会社案内に期待することやイメージなど、気兼ねなく何でもお聞かせください。

  • 02

    訪問・ヒアリング

    お客様企業を訪問またはオンラインにてヒアリングを実施します。
    お問合せの際に「会社案内を制作したい」「動画を作成したい」など、制作物の形態を指定してくださるお客様もいますが、そのツールがお客様にとって最適とは限りません。まずはお客様企業の課題を丁寧に伺い、隠れた強みを引き出します。丁寧に擦り合せを行っていく中で、最適なツールが見えてくるのです。

  • 03

    チーム編成

    お客様だけの制作チームを編成。お客様からのヒアリング結果を元に、ディレクター/プロデューサーとデザインチームで最適な企画を練り上げます。このチームでは、制作中はもちろん納品まで同じ担当者が担当します。

  • 04

    企画提案

    お客様企業に最適な提案を企画書としてまとめ、ご提案します。企画書には会社案内の構成案・お見積り・制作スケジュールが含まれます。

  • 05

    ご発注・ご契約

    企画提案に同意いただけた場合は、正式ご発注・契約となります。業務委託契約書や機密保持契約書の取り交わしにも対応します。

  • 06

    制作打合せ

    デザインチームは、デザインに関する打合せを開始します。カメラマンとコピーライターを交えて打合せることもあります。

  • 07

    撮影・初校作成

    制作打合せを経て決定したイメージに沿って初校を作成します。写真撮影の場合は、お客様お立会いのもとで行います。ご要望どおりに進行しているかを確認いただき、イメージと異なる場合はお気軽にお申し出ください。

  • 08

    デザイン初校提出

    チームで練り上げたデザインが完成したら、初校デザイン案としてお客様に提出します。

  • 09

    デザイン確定

    お客様との密なコミュニケーションによりブラッシュアップを重ねたあと、デザインが確定します。

  • 10

    校了

    最終チェックと検証を実施し、校了(校正終了)となります。ご希望があれば、色校正(印刷時の色味を確認するための試し刷り)を行うことも可能です。

  • 11

    印刷納品

    デザインが完成した会社案内を印刷工場で印刷し、希望日に納品します。

会社案内制作の流れについて、詳しくはコラム「会社案内パンフレットの制作の流れ・納期はどれくらい?目的別にいつまでに作ると良いの?」でも説明しています。


会社案内を制作・作成する
メリットと役割

近年、WEBサイトやSNSまたは動画などインターネットや映像を活用する企業が増えています。
一方、紙媒体による会社案内を制作・作成するメリットはどのような点でしょうか。

必要な情報をコンパクトにまとめて届けられる

紙の会社案内では、読み手が必要な情報または企業が伝えたい情報を、コンパクトにまとめて伝えることができます。

例えば、「東浜商事株式会社」様の会社案内を例に挙げると、創業1948年という長い歴史を持つ企業の沿革から代表的な製品までを、たったA4サイズ8ページでまとめています。

東浜商事株式会社様/会社案内
※クリックすると拡大画像が切り替わります。

企業側が意図した順序通りに読んでもらえる

WEBなどの媒体では、読み手が読みたい場所だけを読めるというメリットがある一方、企業側が意図した順番通りに読んでもらうことはできません。
紙の会社案内には、1ページ目からページをめくりながら順番通りに読み進めてもらえるメリットがあり、読み手に誤解を生じさせたくない場面では特に、紙の会社案内が活躍します。

例えば、「羽田空港サービス株式会社」様の会社案内の場合、まず、飛行機が到着してから飛び立つまでに、陸上で行う様々な業務に関する概要を紹介し、ページをめくるとグランドハンドリングの詳細が現れます。グランドハンドリングという耳慣れない業務であっても、読み手は誤解なく理解できます。

羽田空港サービス株式会社様/会社案内
※クリックすると拡大画像が切り替わります。

営業・広報・採用など活用できる場面が広い

WEBなどの媒体では、読み手が読みたい場所だけを読めるというメリットがある一方、企業側が意図した順番通りに読んでもらうことはできません。
紙の会社案内には、1ページ目からページをめくりながら順番通りに読み進めてもらえるメリットがあり、読み手に誤解を生じさせたくない場面では特に、紙の会社案内が活躍します。

例えば、「羽田空港サービス株式会社」様の会社案内の場合、まず、飛行機が到着してから飛び立つまでに、陸上で行う様々な業務に関する概要を紹介し、ページをめくるとグランドハンドリングの詳細が現れます。グランドハンドリングという耳慣れない業務であっても、読み手は誤解なく理解できます。

恒和情報技研株式会社様/会社案内
※クリックすると拡大画像が切り替わります。

伝わる会社案内を制作するための
ポイント

当社は、伝わる会社案内を制作するポイントは、会社の魅力を強調し、効果的に会社の色を伝え、且つターゲットに響くデザインで届けることであると考えます。

“魅力”を視覚的に強調

会社の概要や事業内容、沿革をただ掲載するだけでは、会社を紹介した“紙”になってしまいます。今求められているのは、「自社の“強み”や“独自性”を視覚的に強調し、秒速で理解していただく」、そんな会社案内です。
訴求すべき“強み”や“独自性”は何か。綿密なヒアリングを行い、お客様と当社のディレクターがそれらを一緒に考えることから、当社の会社案内制作はスタートします。

Staff Comment
お客様の「強み」や「現在の悩み」をヒアリングでとことん掘り起こします。お客様と課題解決を語り合ううちに、当社とお客様との間には強力な絆が生まれます。(クリエイティブディレクター 大原)

会社案内で解決すべきは企業の悩みや課題

企業の抱える悩みや課題は多種多様ですが、当社は、会社案内にはこのような企業の課題を解決する力があると考えています。
このため、当社では、会社案内に掲載する情報を決定する前に、顧客の属性や価値観などを掘り下げ、ターゲット像を定義する「コンセプト設計」を重視しています。
お客様からのご依頼内容が会社案内の”デザイン”であったとしても、当社でまず行うことはお客様の「悩みのヒアリング」です。
お客様が抱える悩みや課題を精査し、会社案内の目的であるコンセプトをしっかりと固めます。
5W1H(+1H)のフレームワークを基に、抜けや漏れがなく且つ軸のぶれないコンセプトを設計していきます。

5W1H

When(いつ)・Where(どこで)・Who(誰が)・What(何を)・Why(なぜ)・How(どう使うか)

+

How many(どのくらいの数)

コンセプト設計のプロセスを経るからこそ、当社では会社案内の制作にとどまらず、商談・プロモーションや採用活動など、会社案内の活用シーンの提案も含むトータルサポートで、お客様の課題を解決できるのです。

”ターゲットに響くデザイン

伝えるべき相手は誰なのか。ターゲット層の定義が、会社案内のデザインの方向性を決めます。
当社のプロフェッショナルは、定義したターゲット層にとってどのようなデザインが“響く”のか熟知しています。ターゲットの定義とターゲットに響くデザインの実現。効果的な会社案内を制作するためには、この2つの要素が欠かせません。

Staff Comment
ターゲットに響くデザインは、デザインチームの腕の見せ所です。読者の視線の流れを考慮したテキストや写真の配置、配色から受け取る印象など、様々な視点から伝わる会社案内を具現化します。(グラフィックデザイナー)

会社の“色”を大切に

コーポレートカラーを中心にデザインを組み立て、デザインの統一性を持たせることでブランディング効果が生まれます。そして、社風や社員の人柄さえも伝わる会社案内を制作したいと当社は考えています。ファッションから「どのような人なのか」を判断されることが多いように、会社案内のデザインで「どのような会社か」を表現することで、読み手の共感や親近感を勝ち取ることができます。

Staff Comment
完成後の使用イメージまで創造してデザインすることが、真のクリエイティブであると考えます。(クリエイティブプロデューサー 原澤)

これらを踏まえた
会社案内制作事例のご紹介

当社が制作した会社案内のうち、一部を紹介します。

東亜技研工業株式会社様

長らく自社で会社案内を作成していたという東亜技研工業株式会社様。ただ、これまでの会社案内は他社に比べ見劣りしていると感じており、自社作成の限界に直面していたと言います。

「会社案内は、採用案内として学校へも送付しており、学生の親御さんも見ている。会社案内を、当社が優秀な学生から選ばれるためのツールにしたい。」

会社案内に対する、このような悩みや期待をお聞かせいただいていました。

東亜技研株式会社様/会社案内
※クリックすると拡大画像が切り替わります。
ディレクターからの提案
■全体について
採用・営業の両用途で使えるよう、ポケット付きの会社案内を提案させていただきました。
採用・営業用途で共通する、普遍的な情報はポケット本体に記載します。用途ごとに異なる情報は、差し込みとしてポケットに挿入できるため、1つの会社案内を様々な用途で活用できます。
また、掲載情報が変更された場合は、差し込みだけをアップデートすればよいので、経費削減にもつながります。
■採用案内としての提案
採用案内用として「先輩の声」のページを盛り込んでいます。実際に東亜技研株式会社様で勤務する社員さんにインタビューをして集めた、先輩達の生の声を届けることで、学生さんに親近感を持ってもらうことを狙っています。
また、先輩社員の姿を紹介することで、学生の親御さんに対しても、きちんとした環境で働けることをアピールできます。
(担当 クリエイティブディレクター 大原)
デザイナーからの提案
東亜技研株式会社様は機械設計に携わる会社ですが、ひと目でその業種がイメージできるよう、表紙に設計図や金属部品などをあしらいました。中面にもそのイメージを引き継ぎ、「設計はものづくりにとって要の部分である」というメッセージからデザインを膨らませています。一方、重すぎず清潔感のある表現を心がけました。
(担当デザイナー IMA)

会社案内のご納品後、東亜技研株式会社様からは、次のような感想を頂戴しています。

「工夫が功を奏し、採用者の応募が30%増えました。また、良い人材も雇用できました。やはりプロに任せると効果が全く違うことに驚いています。」

東亜技研株式会社様

古川工業株式会社様

産業用バルブ・下水道用バルブなどの流体制御で86年の歴史を積み上げてきた、古川工業株式会社様。

「当社は、鋳物製造から始まり、産業用バルブ製造で発展してきました。鋳物の技術を活かして、今後はバルブだけでなく、多方面に向かうという強いメッセージを発信できる会社案内を作成したいです。」
「インパクト“大”の会社案内を求めています。」

会社案内に対する、このような悩みや期待をお聞かせいただいていました。

古川工業株式会社様/会社案内
※クリックすると拡大画像が切り替わります。
ディレクターからの提案
インパクトを持たせるため、観音開き型の会社案内をご提案しました。観音開きにすることで、主要製品・企業メッセージ・会社のあゆみ・取引先などをまとめて大きな1ページで掲載できる上、観音を開くというワクワク感も演出することができます。
観音の扉となるページには、対照的に配置したバルブと鋳物を象徴する写真、さらに「求められる形を、積み重ねてきた技術で」という誘導文で、次ページ(中面)への興味を持たせる手法を取り入れています。
中面の観音開きのページでは下部に沿革を配置していますが、これは、観音開きの形状を利用して横長に見せることで、歴史の長さを視覚的にもアピールするという意図です。
また、プロのライターによる取材形式で本文のコピーを作成し、鋳物やバルブ製造という技術的な内容を、読みやすく且つ伝わる文章に仕上げています。
(担当 クリエイティブディレクター 大原)
デザイナーからの提案
表紙には、鋳物の炎とバルブのイメージを2輪に見立て、未来に向けて邁進するイメージを演出しました。中面の観音では、社歴を4ページぶち抜きの横長で配置することで歴史の長さを表現するだけでなく、写真を添えることで信頼感も訴求しています。
(担当デザイナー MASA☆)

会社案内のご納品後、古川工業株式会社様からは、次のような感想を頂戴しています。

「観音開きにより、一括で会社の強みと事業領域を見せられるので、営業活動にも、会社説明会にも大変使いやすい会社案内です。」

古川工業株式会社様

株式会社シスコム・テクノロジー様

システム設計開発・運用/保守などコンサルティング業務を行っている、株式会社シスコム・テクノロジー様。

「今、使っている会社案内は中綴じタイプなので、掲載情報に変更が発生した場合の修正対応が面倒。」
「既存の会社案内のデザインは古臭いので、新しいイメージに刷新したい。」

会社案内に対する、このような悩みや期待をお聞かせいただいていました。

株式会社シスコム・テクノロジー様/会社案内
※クリックすると拡大画像が切り替わります。
ディレクターからの提案
株式会社シスコム・テクノロジー様はIT業であるため、取り扱うサービスは日々変化していきます。このため、会社案内の掲載内容に変更が生じた場合も、速やかに反映できるよう、ポケット付きフォルダ型の会社案内をご提案しました。また、A4サイズ2枚の差し込みでは、事業内容を分かりやすく紹介しています。
(担当 クリエイティブディレクター 大原)
デザイナーからの提案
お客様からは、「ITっぽくしたくない」とのリクエストをいただいていました。このため、ロゴをモチーフにしたフラットデザインを採用しています。ロゴを大胆に全面に配置したデザインで企業をアピールするとともに、インパクトを持たせています。また、写真は極力使わずに、アイコン・図などで表現することで、他社とは異なるイメージに仕上げました。
(担当デザイナー IMA)

会社案内のご納品後、株式会社シスコム・テクノロジー様からは、次のような感想を頂戴しています。

「会社案内として使用する他、差し込みを入れ替えて採用案内としても活用しています。関連資料などもポケットに入れて、会社案内と共にお渡し出来るので、効率的です。」
「特に表紙のイメージは、インパクトとシャープさが上手く混在している点が素晴らしいです。」

株式会社シスコム・テクノロジー様

AGCプライブリコ株式会社様

不定形耐火物や建設用機械器具の製造販売を行う、AGCプライブリコ株式会社様。日本国内だけではなく、英語圏の顧客にも広くアピールできる、日英を併記した会社案内の姿を模索されていました。
海外向けの会社案内や各種サービスを、多数制作してきた実績を持つファインプロス。当社の持つ、日英併記の会社案内制作のノウハウを全投下させていただきました。

AGCプライブリコ株式会社様/会社案内
※クリックすると拡大画像が切り替わります。
プロデューサーからの提案
写真撮影から企画構成、デザインまで、全工程を担当プロデューサーがディレクションしました。その結果、リアリティがある会社案内ができたという高評価につながっていると分析しています。また、「AGCグループのブランド力を大事に活かしながらも、会社の色を打ち出せること」をデザインのポイントとして定義しました。
(担当 クリエイティブプロデューサー 原澤)
デザイナーからの提案
会社の色を打ち出すため、表紙はコーポレートカラーの青をメインカラーに使用しています。レトロ調なベースデザインとしつつも、曲線や流線のオブジェクトで不定形のイメージを表現するなど、モダンなテイストを融合しました。 グローバル展開するAGCグループをアピールするため、世界地図を表紙に配置。中面には写真を大きく使用して、読み手がイメージをしやすいデザインにしています。
(担当デザイナー miu)

会社案内のご納品後、AGCプライブリコ株式会社様からは、次のような感想を頂戴しています。

「スタイリッシュ且つリアリティある会社案内に仕上げていただきました。」
「英語圏のエンドユーザからも、見易くなったと好評です。」

AGCプライブリコ株式会社様

会社案内制作の実績について詳しくは、「会社案内デザイン実績」をご参照ください。


会社案内制作のよくある質問

初めて依頼します。どのように要望やイメージをお伝えしたら良いのでしょうか?

具体的なイメージが固まっていなくても大丈夫です。
私たちファインプロスは、制作前のヒアリングやお打合わせをとても重視しています。
当社のプランナーとコミュニケーションを取りながら、ご要望や目的に合わせたイメージを作り上げていきます。

オンラインによる相談は可能ですか?

はい、可能です。ZOOMによる相談も承っております。

デザインはどのようなものを作れますか?

お客様のご希望やターゲット層に合わせて、様々なデザインをご提案いたします。

制作期間はどのくらいかかりますか?

制作内容や規模によって異なりますが、一つの目安として4ページ[二つ折り]の会社案内で1~2ヶ月程度となります。

納品形式はどのようなデータになりますか?

納品形式は、印刷用データ、PDFデータ、WEB用データなど、お客様のご希望に合わせて対応いたします。

デザインを他の媒体でも使用したいのですが、データの二次使用はできますか?

デザインの著作権は当社に帰属しておりますので、Web等への二次使用をする場合はご相談ください。

関連コラム

会社案内の制作ノウハウを集めた関連コラムを、是非ご参照ください。

ファインプロスで会社案内を制作した企業様からは、ご紹介した企業様以外からも高評価をいただいています。
会社案内の制作・作成についてご不明な点があれば、お気軽にお問合せください。