制作のポイント 採用案内

求める人材の共感を得る

労働人口が減少しつつある日本では、より良い人材をいかに確保できるかが、今後の経営を見据える上でも非常に重要となっています。そして人材採用において大きな役割を果たすのが、就活生・求職者の手元に残る採用パンフレットです。採用とひと口に言っても、新卒採用と中途採用があり、求める人材も企業によってそれぞれです。採用パンフレットでは自社の採用方針に合わせた公正や表現を考える必要があります。

“働く自分”が
イメージできる

社内の雰囲気や社員様が働く姿、一日の仕事の流れなどを視覚的に伝えることで、入社を検討している方に安心感を与えます。入社後の自分を具体的にイメージしてもらうために、そして入社後のミスマッチを防ぐために大切なのは、リアルな雰囲気や仕事の様子を伝えることです。リアリティのある雰囲気や様子を伝えるために、イメージ写真の掲載ではなく、実際に現場で撮影した写真の掲載をおすすめしています。

“未来の自分”を
イメージできる

入社することで「どのようなキャリアを送れるのか」「どのように成長できるのか」をしっかり伝えるためには、先輩の声が重要です。特に新卒入社を考えている就活生には、数年後の自分の姿や中長期的なキャリアプランを具体的にイメージできる先輩社員の姿や声を掲載することで、安心感を与えます。そして、入社することで“なりたい自分”になれるという期待感を抱いてもらうことで、入社意欲を高めることができます。

“理念”“想い”に
共感できる

若年層を中心に、仕事においてもやりがいを重視する傾向が高まっています。採用案内においても、「会社がなにを目指しているのか」「どんな想いを持って事業をしているのか」を伝えることが最も重要となっています。これらを就活生・求職者の共感を得られる表現・見せ方で訴求することで、同じ想いを持った人材に効果的にアプローチ可能です。御社の潜在的な“理念”や“想い”をヒアリングから明らかにし、表現に落とし込んでいくのも私たちの仕事です。

料金について